【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある

【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある


【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある
レーシック手術のアフターサービスの中におきましても最も重要となるのが保証制度です。
レーシックを受けた後、そのくらいの期間無料で検診や再手術を実施してくれるのかということは、眼科医院毎によって違いがあるのです。

レーシックのクリニックを比べる時に重要な判断材料と言えるのが保証期間なのではないでしょうか?
これはレーシック手術後に余計な費用を追加しないために非常に重要なこととなるので事前に比較をしておきましょう。
レーシック手術で最も気にしてしまうことというのが、やはり目にメスを入れるという恐ろしさかと思います。
しかしレーシックによって失明をしてしまったという例は日本国内では一件も無いのでほぼ安全と言えるでしょう。 保証制度の中におきましても、最高の保証とされているのが生涯保証です。
期間を設けることなく一生涯再治療を保証してくれる生涯保障は保証制度の中でも大変魅力的なのです。





【レーシックガイド】レーシックには保証制度もあるブログ:22年11月29日

減量で目標体重になった後に
気になるのは「リバウンド」。

リバウンドが起こる原因は
「ホメオスタシス」なんだそうです。

ホメオスタシスというのは、
体を常に一定に維持しようとする生命維持機能のことで、
減量終了後は、
これを定着させることが必要なんですって!

減量を始めると、
24時間の摂取カロリーを減らすため
最初は順調に体重が落ちますが、
停滞期になると体重が落ちなくなります。

この時ホメオスタシスは、
体に入ってくるエネルギーが少なくなったため、
体のエネルギー消費量を減らして維持しようとしますが…

しばらくすると、
減らしたご飯量でも体は十分維持できると判断し、
エネルギー消費を元に戻します。

これと同様に減量後も、
ホメオスタシスが落ち着くことにより
体重維持が出来るようになります。

もしこれが落ち着く前にご飯量を戻してしまうと、
基礎代謝は減っているのに摂取カロリーが増えるため、
結果的に脂肪として蓄積しリバウンドしやすくなってしまうので、
減量後一ヶ月は、
ゆっくりと体をならす事が大切なんです!

なので、
減量後のご飯は
減量中と同様に24時間3食をバランスよく摂り入れ、
ご飯の量は一ヶ月かけて
ゆっくりと戻していきましょう。

体を作るたんぱく質、
体の調子を整えるビタミン・ミネラル・食物繊維をしっかり確保しながら、
エネルギー源となる糖質は適度に、脂質は控えめにしましょう。

そして、
減量中に行っていた運動も
ストレスにならない程度に続けましょう。
運動を続けることで基礎代謝を維持出来るため、
リバウンドしにくい体になりますよ!
【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある

【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある

★メニュー

【レーシックガイド】乱視の悩みはレーシックで解決
【レーシックガイド】レーシック選びに口コミサイトを活用
【レーシックガイド】なんと交通費を貰えるクリニックもある
【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシック
【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しよう
【レーシックガイド】レーシックの紹介制度を有効活用
【レーシックガイド】老眼治療もレーシックにお任せください
【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある
【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第
【レーシックガイド】レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力が驚き回復するレーシックガイド