【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第


【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第
レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。





【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:22年11月25日

息子の顎を発達させたいなら、
とにかく堅い物を食べさせよう!

柔らかい物を食べさせていると、
息子は早食いしてしまい、
咀嚼回数が極端に少なくなってしまう。

ごはんなら玄米を堅めに炊く…
パンなら黒パンをト-スターで焼いて堅くする…
麺類なら茹で過ぎないで、少し堅めに茹でる…

こういった措置を施せば、
息子は咀嚼回数を多くせざるをえなくなり、
顎を発達させていくことになる。

野菜の中でも根菜類は食物繊維が豊富なので、
サツマイモ、ジャガイモ、大根、玉葱、ゴボウなどを頻繁に出すようにすれば、
息子はそれらを簡単には飲み込むことができず、
咀嚼回数を多くすることで
口の中で細かくしていかざるをえなくなる。

肉などは、大きめな肉を食べさせよう。

焼肉のように口でモゴモゴできる大きさこそ、
肉の味を堪能できるのであって、
肉を細かくしてしまうと、
結局、肉を加工することで肉以外の味を味わうしかなくなる。

ハンバーグなどのようなものは、
出来るだけ回数を減らすのが望ましい。

それと
定期的に木の実を食べさせよう。
木の実はどうしてもポリポリと食べざるを得ず、
息子に木の実を与えておけば、自然と咀嚼回数が多くなる。

落花生などは殻つきのものを購入して、
母と息子が一緒に殻を剥きながら食べると、
息子は自然と咀嚼回数を多くするのである。

スルメや干し肉といったものも
息子の顎を鍛えるには貴重な食品。

息子の場合、まだ顎が発達していないので、
スルメなどは一切れ与えても、
長時間にわたって咀嚼し続けているものだ。

母は自分の虫歯予防のためにも
スルメや干し肉を定期的に食べて、
その際に息子に分け与えるようにしよう!

【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

【レーシックガイド】乱視の悩みはレーシックで解決
【レーシックガイド】レーシック選びに口コミサイトを活用
【レーシックガイド】なんと交通費を貰えるクリニックもある
【レーシックガイド】適性検査を受けてからレーシック
【レーシックガイド】レーシックにおけるリスクを理解しよう
【レーシックガイド】レーシックの紹介制度を有効活用
【レーシックガイド】老眼治療もレーシックにお任せください
【レーシックガイド】レーシックには保証制度もある
【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第
【レーシックガイド】レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力が驚き回復するレーシックガイド