【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第

レーシック手術をすることによって視力回復を実現出来ますが、生活習慣などによっては再びレーシックを受ける前と同様の視力まで落ちてしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックというのは現時点の視力を矯正させる治療法であり、矯正が完了した視力の維持までは保証がされません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「安かろう悪かろう」という言葉がありますが、これはレーシックについてはちょっとニュアンスが異なることがあります。
人気のあるクリニックではそれだけ患者数が多いので安く確実なレーシック手術を受けることが出来るのです。 今現在20歳未満の人がレーシック手術をしたところで、近視が進行中だった場合におきましては、一時的に視力が矯正しても元通りになってしまう可能性が高くなります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

定年退職 記念品のコツ
http://kanreki-oiwai-land.com/retirement/



【レーシックガイド】レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:22年08月10日

フルーツは
1日およそ200g摂取するのが望ましいとされています。

市販のフルーツジュースの場合は200gで
生のフルーツ100g分と半分に換算されます。

生のフルーツと市販のフルーツジュースの違いは、
フルーツの持つ「酵素」にあります。

生のフルーツには、
ビタミン・ミネラル・食物繊維・酵素が含まれていますが、
この酵素が食べたものを消化吸収したり、代謝したりと
生命維持にはかかせない役割をしているんです。

酵素はたんぱく質を主成分とした物質で、
潜在酵素と食物酵素があります。

「消化酵素」は
俺たちが連日食べる食事を消化吸収するもので、
「代謝酵素」は
新陳代謝や毒素を汗や尿中に排出する働きをしています。
これらは「潜在酵素」と呼ばれ、
一生のうちでからだの中で作られる量が決まっています。

一方「食物酵素」は体の外にある酵素で、
野菜・フルーツ・生肉・生魚・味噌・納豆などに含まれています。

酵素が不足するとからだに支障をきたすようになりますし、
炭水化物・たんぱく質・脂肪・ビタミン・ミネラル・ホルモンも
酵素なしでは何の働きもできません。

なので
食物酵素を普段から取り入れておくことが
とても大切なんです。

市販のフルーツジュースには
残念ながら生きた酵素は含まれていません。

ですが
生のフルーツと同様にフルーツの甘み成分である
「果糖」は含まれます。

「果糖」は、
からだの中に吸収されると
速効性のエネルギー源となりますし、
カロリーも意外に少ないところがうれしいところです。

また、
ビタミン・ミネラル・食物繊維などの成分は
フルーツジュースの栄養成分表示を見て
賢く選ぶようにしましょう。

また、砂糖などが添加されていない
フルーツ100%のものを選ぶことがポイントです。